サミラジ 第壹回 放送後記 「難しい話はサラリと聞くべし」

twitcasting.tv

お久しぶりです。

「シャミラoのサミラジ」アシスタント キノです。

第壹回、お聴きいただきましてありがとうございました。

壹回目からかなりニッチなとこを突いてくような放送になりましたが

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「“ダミヘCD”って何やねん?」というテーマでしたが

内容的には音響工学やら再生技術のお話でした。

小難しい話が多いですが、最初こそ大事なポイント。

今後に響いて来ますよー

 

今回は、3つのポイントを押さえながらお送りしました(一応)

 

  1. 音響工学・基本の“き”

・モノラル/ステレオ/バイノーラル

・「1」と「2」

 

 2. 録音・再生技術

・録音・再生技術のはじまり

・ステレオ録音/再生について

 

   3. ダミーヘッドマイクの仕組み

バイノーラル録音について

・ステレオとバイノーラルの違い

 

今回はこんだけを一時間に収めたので相当カツカツでしたが、要点だけまとめますね

 

・音の再生方法は

モノラル/ステレオ/バイノーラルがある

 

分かりやすく言うとモノラルは「絵」、ステレオは「2D」、バイノーラルは「頭の形を再現した2.5D」

モノラルは録音するときにマイク1本で録ります。一方向しか取れないんで、平たい感じに。まさしく「絵」。ステレオはマイク2本。絵が立体になるんだから、2Dですよね。バイノーラルはステレオの録音状態を実際の人間の頭に近い環境に置いて、よりリアルにしたもの。

 

書くのは簡単ですが、これ、結構凄いです。マイクを自分の耳に入れて録音してる感じですからね

 

そうなると「これ3Dじゃないの?ステレオより凄いじゃん」となりますが

実は「ステレオ録音」と「バイノーラル録音」は、音の広がりが「平面的」か「立体的」か、簡単にいうと親戚ですね。だから、「バイノーラル録音」は「ステレオ録音方式」のひとつ。だから、ステレオヘッドホンで立体的な音が聴ける、というわけです。

 

以上が本編のまとめでございます。

 

さて、ここからはあとがき。

実は放送聴いていた方は気づいてたかもしれませんが、PCが絶不調でございました(笑)

 

 放送のノイズがえらいこっちゃなってましたがそれもご愛嬌。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【今回のまとめ】#1

・ダミヘは奥が深い

マイクを自分の耳に入れて録音してる感じがバイノーラル

・今回は難しかった()

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

それではまた次回~!

 

 

キノ